• トータルリペアMAEDA工房

通常の『感染症対策』では、不安をぬぐい切れない!  MAEDA工房

更新日:2021年12月22日



新型コロナウイルス オミクロン株!がじわじわと・・・



10日前に書いた記事のときは、新たな変異株が『オミクロン株』と命名されたばっかだったのに、


この記事を書いている12/9時点で、

54の国と地域でオミクロン株が確認されて、


日本では、国内4例目のオミクロン株の感染・・・

合わせて、

せっかくお客が戻ってきつつあった飲食店では、キャンセルが相次いでる!・・・


なんて言うニュースも流れ、


じわじわとオミクロン株の脅威の影響が出ているカンジです。




いろんなニュースが、余計に不安をあおってる・・・?


オミクロン株の実効性生産数はデルタ株の2倍だとか、

無症状か軽傷ばかりだとか、ワクチン効果で重症化してないだけとか、


いろんなニュースが流れまくっているので、

何が本当かどうかはわかりませんが、


いずれにしても、

日本だけが新規感染者の数が非常に少ないってだけで、

デルタ株による新規感染が無くなったわけではないですし、


感染症対策を続けるしかないってことだけは、皆の共通意識のはずです。



やはり、


感染症対策意識は皆が高いってことなんですね。




不安➡感染症対策意識が高くなる➡知識が増える➡さらに不安!!



感染症意識が高いって、自分でもそう思います。


皆さんはどうですか?





自分の場合、基本的には、

ワクチン2回接種済みだし、

自分で感染症対策をしっかりやってでも、出かけたくて仕方ない!ってたちです。


でも、不安はやはりぬぐえないので、


外食に行くとき、

感染症対策がちゃんととられているところをメインに選びますし、

一度行って安心出来たら、またそこに行っちゃいます。



例えば、

久々に行くお店や、新たなところだと、


長野県内なら、「信州の安心なお店」認証店マップを見たうえで、


さらに、

GoogleMAP検索をして、HPを見て、

感染症対策が積極的に記されていなかったら、怖くて選ばないですし、

具体的に内容が記されていれば、ちょっとは安心できます。


でも実際に、

自分の息子には、『あんまりベタベタといろんなところ触るな!』って言っていたり、

除菌作業済みであろう、飲食店のテーブルを除菌ウエットティッシュで拭いてみたり、

ドアノブとかは、ホントにできるだけ触りたくないっていう気持ちが前面に出てきたり・・・。



やっぱ、不安に思っているからこその、感染症意識の高さってことなんでしょう。


でもそれだけではありません。


感染症対策意識が高いからこそ、


いろんなニュースに触れ、いろんな知識が増えてきて、


安心できるハード